PCMXがポイントだった

面白い話

私の友達に、実家が開業医をやっている子がいます。pcmxで知り合いました。
その子は全く気取らない良い子なのですが、昔から年に2度は家族で海外旅行に行ったり、ブランド物をさらりと持っていたりと、お嬢様な事は確かでした。
最近その友達が一人暮らしをすることになり、お父さんが家とは別に持っていたタワーマンションの一室に住む事になりました。

タワーマンションなんて自分には縁が無いと思っていたので、これはぜひ見てみたいと思い、遊びに行ってきました。 駅で待ち合わせて、いざ行くととても立派な外観、高級ソファが並ぶロビーにはコンシェルジュが2人いました。

エレベーターに乗ると、なんと最上階に。友達は最上階の一室に住んでいました。
最上階は3部屋しか無いそうで、友達の部屋以外の2つは、1人のオーナーが2部屋借りて壁をぶち抜いて暮らしているとの事。
エレベーターから部屋までの廊下はカーペット敷きで、クラシック音楽が流れていました。まるでホテルのよう。

部屋の中は以外と普通のマンションという感じでしたが、何もかも普通のアパートとはスケールが違い、部屋に入るまでに十分驚きました。 完璧で優雅な暮らしのように思いますが、その友達が言うには、色々不便な事もあるようです。

朝はエレベーターがなかなか来なくて不便だったり、一度間違って火災報知器が鳴った時は、屋上のヘリポートに避難させられ恐かったり、何か家具を買った時は搬入に申請が必要だったりするそうです。 それでも十分うらやましく、妬ましいぐらいですが…

友達が部屋の中を百円均一のグッズで揃えている姿を見たら、笑ってしまいました。やっぱりこの子は良い子だな。 でもいい社会見学ができました。

ちなみにさっき言った通り、この子とはpcmxで友達になった人です。こういったこともあるんですねえ。